道後温泉本館の詳細情報

道後温泉本館

道後温泉は最古の湯で「千と千尋の神隠し」に登場する湯宿のモデルにもなった場所ですが、建物自体も明治の造りで素晴らしいですが、コースごとに色分けされてるにも関わらず慣れないので迷路状態でした。
日帰施設
住所愛媛県松山市 道後湯之町5-6 
電話番号089-921-5141 
日帰入浴◆神の湯階下  400円 小人150円
◆神の湯2階  800円 小人400円
◆霊の湯2階 1200円 小人600円
◆霊の湯個室 1500円 小人750円
時間◆神の湯階下 6:00~23:00/札止22:30 1時間以内
◆神の湯2階 6:00~22:00/札止21:00 1時間以内
◆霊の湯2階 6:00~22:00/札止21:00 1時間以内
◆霊の湯個室 6:00~22:00/札止20:40 1時間20分以内
泉質/一言アルカリ性単純泉
古い角質を取り除いてくれる美肌の湯で、体に優しい温泉です。また、若干硫黄も含まれていることから血行を促進してメグリを良くする効果もあると思います。
県の条例により塩素を使用することが義務付けられているので泉質の浴感はわかりにくいです。
松山空港からリムジンバスで道後温泉駅行きに乗車し、「道後温泉駅」下車。道後ハイカラ通りを歩いて行くと徒歩2分です。
全景写真です。マウスを合わせると夜の写真になります。
湯神社のある駐車場脇の「散歩道」から全景です。
本館に続く裏側には、皇族の方々が実際に利用した部屋や最上級の御影石で作られたお風呂、漆塗りの和式のトイレが拝観できます。「霊の湯」のプランにはこの拝観料が含まれていますが、「神の湯」プランの場合は別途250円が必要となります。
閉店間際なので片付いていますが、霊の湯2階のプランを利用しました。浴衣とタオルの入った籠と座布団が並んでいました。女性は目隠しの場所があるので、そこで着替えができます。霊の湯入浴後、お茶と煎餅のサービスがありました。プランによって異なるので確認してくださいね。
「霊の湯」も1Fにありますが、一度2Fに上がり別の階段から1Fへ降りて行くとあります。「神の湯」より小さめですが大理石が使われていて豪華な造りになっています。湯船は深めなので腰かけないと座れません。
1Fにある「神の湯」です。かなり大きな湯船で一度にたくさんの人が入浴できます。階段下にある鏡は何のためにあるんだろう、、。
3階個室の部屋が並ぶ奥の右側にある「坊ちゃんの間」は夏目漱石を偲ぶ部屋として解放され誰でも見ることができます。
本館三層楼の屋上にある振鷺閣は1日3回時を告げる太鼓が鳴ります。朝と夕方の6時には6回、正午には12回打たれ名物となっています。
道後温泉裏手にある「玉の石」は、御湯掛けて「病気平癒」・「縁結び」・「商売繁盛」を願うと神様にその願いが届くとされているそうです。