らくだの湯の詳細情報

らくだの湯

海に面したとっても眺めのいいお風呂です。混浴のため水着着用可ですが、裸で入るのは近くの岩場で釣りを楽しむ人もいるのできついかもしれません。また、一度船で渡ると、トイレや自販機、シャワー等はないので注して下さい。
源泉掛け流し 露天有 日帰施設
住所和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川932 
電話番号090-4569-7945 
日帰り入浴入湯料 1500円
時間8:30~16:00
泉質/泉質適応症単純硫黄泉
慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病、高血圧、動脈硬化
一言ここは海という立地にありながら、ナトリウムは含まれていません。硫黄泉は3大美人の湯の一つで血行を促進してメグリを良くする効果があります。
京都・新大阪から特急くろしおで「紀伊勝浦」下車。「清丸渡船場」に向かいますが、わかりにくいのでタクシーで行かれた方が無難かと思います。タオルはないので持参して行って下さいね。また混浴なので水着を用意するか、レンタルがあるので借りて下さい。
らくだの湯への渡船時刻が決まっているので、その間に飲み物を買ったり、トイレも済ませてください。らくだの湯へ行くと向こうにはトイレがありません。では、船に乗って早速向かいます。
湯船は岸壁にあるので、船着き場へつけます。
このほったて小屋が脱衣所で男女に分かれています。簡単な作りなので、貴重品には気を付けて下さい。
5人位の広さがある湯船ですが、こちらの方がお湯が濃く温度も熱めです。目の前には名前の由来となった「らくだ岩」があります。
もう一つの露天風呂は15人ほどの広さで、先ほどよりは若干ぬるめ。源泉掛け流しなので湯船の大きさと湯の投入量で温度が変わっているだけだと思います。
全体的にみた感じです。海が綺麗です♪
温泉はこのように海に放流しています。
海ですが、やや中央にちょうど波が入って海水がたまっている場所があります。冒険心のある人は、そこに行く人もいると思いますが。海は生き物。いつも優しい波だとは限りません。冒険する人は自己責任でお願いします。