金刀比羅宮の詳細情報

金刀比羅宮

農業殖産、漁業航海、医薬、技芸など神徳を持つ神様として信仰を集める神社です。
住所香川県仲多度郡琴平町892-1 
金刀比羅レトロ通りを歩きながら表参道を通り、向かいます。
これから上る階段の始まりです。一の坂はしばらくお土産やさんが続きます。
階段を365段上がると、そこには大門があります。ここは神域の総門です。
大門から後ろを振り返ると、今まで上がってきた階段と町並みが見渡せます。
大門をくぐると、桜馬場と呼ばれる平坦な石畳道が150mほど続きます。桜の時期は綺麗でしょうね♪
桜馬場を通り抜けて階段を少し上ると、桜馬場西詰銅鳥居が見えます。ここで431段目。横に広場では神馬が飼養されています。
階段を上がっていくと、書院があります。ここは社務所が書院に付属していた時の名残だそうで、社務所門と呼ばれているそうです。477段目になります。
628段目にある旭社です。横には瓶があり一円玉を浮かべて、それが沈まないで浮くといいことがあるそうです。
黄銅鳥居です。本殿にはここから向かいます。
652段目の最後の急な階段は御前四段坂と言われ、四つの階段から成り立ち、各数十段あります。
御前四段坂を上りきると本宮です。ここまで785段の石段を上がってきました。農業・殖産・医薬・海上守護の神として信仰されています。
本宮の右側は展望台があり讃岐平野が見渡せます。瀬戸大橋や讃岐富士も見えます。
厳島神社では弁財天が祭られ音楽の神様として崇拝されています。
このほかさまざまな見所がたくさんありました。