祇園祭 宵山2の詳細情報

祇園祭 宵山2

<蟷螂山>
かまきりが山に乗った可愛らしい曳山です。
<放下鉾>
「天王座」に放下僧の像を祀るのに由来しているそうです。
<南観音山>
南観音山は女性なので、宵山の夜更けに翌日の巡行の無事を祈って“あばれ観音"の行をされるといういい伝えがあるそうです。楊柳観音像と善財童子像を安置しています。
<北観音山>
北観音は男性。北観音山には尾長鳥が留まっています。
<八幡山>
社殿は総金箔押し。前面の鳥居の笠木の上に、向かい合って鳩が2羽、止まっているのが可愛いです。
<役行者山>
役行者は庶民の中に入って医療などにつとめた僧。 役行者を中心にたくさんの人形が乗っています。
<鈴鹿山>
鬼退治の曳山です。
<黒主山>
大友黒主が志賀の桜を眺めるさまを表した曳山。
<鯉山>
前掛けや見送りは16世紀のベルギー製のタペストリーで、重要文化財に指定されています。
<浄妙山>
アクロバティックな人形が目を引く曳山で鎧は室町時代からのもので重要文化財にしてされています。